CSS入門とサンプル


HOME > CSS

CSSとは

読みは シー エス エス。

カスケーディング・スタイル・シート(Cascading Style Sheets)の略で、 一般的に「シーエスエス」「スタイルシート」と言われます。


CSSはどこに書くのか?

HTML同様、テキストエディタと呼ばれるソフト(アプリ)に書きます。

CSSを書く場所はいくつかありますが、管理がしやすい外部ファイルでの方法を習得しましょう。


・HTMLのタグに直接書く
・HTMLのヘッダーに書く
・外部ファイルに書く

基本の型

セレクタ{
プロパティ:値;
}

セレクタにHTMLのタグを指定し、CSSにあるプロパティと値を指定します。

プロパティもHTMLタグのようにたくさんありますが、使っているうちに覚えますので心配は要りません。

//pタグの文字を赤色にする
p{
color:red;
}
//pタグの背景色を黄色にする
p{
background:#ffffcc;
}

CSSの書き方

HTMLのタグに直接書く方法

プロパティと値を指定します

<p style="color:red;">CSSの練習です</p>

HTMLのヘッダーに書く方法

<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title></title>
<style type="text/css">
p{
  color : orange;
}
</style>
</head>

外部ファイルに書く方法

下記を記述して「style.css」で保存します。

p{
  color : orange;
}

反映させたいファイル(ここではindex.php)から読み込みます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title></title>
<link rel="stylesheet" href="./style.css" type="text/css">
</head>
<body>
<p>CSSの練習です</p>
</body>
</html>

保存とファイルの種類

外部ファイルで利用するときのファイルの種類(拡張子)は「css」で、「ファイル名.css」とすればcssファイルになります。


Copyright 2023 Appli Base All Rights Reserved.

Yes:104 Total:54423 Today:102